DXを推進する商品

製造ライン監視IoTキット

株式会社インフォコーパス


金額

330,000円
  • 初期費用 (192,500円)

商品説明

インフォコーパスのSensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく、小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。
IoTデータに必要とされる処理である、「データの収集・蓄積」、「データの可視化」、「データのリアルタイム加工演算処理」、「データの状態による通知」、「データの状態による制御」を行います。
また、お客様の要望に応じて、オンプレミス環境への導入にも対応しています。

<機能詳細>
クラウド機能、データ収集機能、センサー&ゲートウェイ管理機能、ダッシュボード機能、アラート機能、リアルタイム加工機能、API連携機能、機器制御機能、エッジ・クラウド連携機能、データエクスポート機能

<活用事例>
食品製造機械の稼働状況および周辺情報の把握、ショット数監視、電力監視、環境情報の把握、作業員見守り、在庫監視、機器リモート監視、液体汚れ検知、機械設備稼働率の把握、働き方改革、品質向上などでご活用いただいております。

 

料金概要

<初期費用>
175,000円/(税別)

<月額費用>
300,000円/(税別)
※送料は別途発生いたします。


関連記事

【DX事例紹介】予知保全とは? 現場課題をIoT×AIで解決!

製造業におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の事例として、本記事では「予知保全」をテーマに製造業におけるDX事例をみていきます。

【DX事例紹介】生産ラインの見える化(可視化)のメリットや導入方法を解説

生産ラインの可視化を実現するための考え方や手法、IoTを活用した際のメリットなどを具体的な導入事例も含めたDXの事例をご紹介します

【DX事例紹介】製造業で設備稼働率をモニタリング(見える化)することのメリットとは?

設備稼働率を悪化させる要因、設備稼働状況をモニタリング・見える化することによるメリットや製造業の設備稼働状況をモニタリング、管理、見える化を実現するためのノウハウをお伝えします。

【DX事例紹介】Wi-Fi導入を適切に行なって、事業インパクトの出た実例を紹介

今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。