DXを推進する商品

Actcast

Idein株式会社


金額

5,500円

商品説明

Actcastは、エッジデバイス上で画像解析AIなどを実行して、実世界の情報を取得し、Webと連携するIoTシステムを構築・運用するためのプラットフォームサービスです。
ディープラーニングの目覚ましい進化によって画像認識など、様々なパターン認識が可能になりました。
Actcastでは、安価で小型なコンピュータとして人気のあるRaspberry Piを最初のエッジデバイスとしてサポートしています。
エッジ側で解析を行い、不要な情報を送信しないことにより、運用コストを大幅に削減し、プライバシーや機密情報の漏洩リスクを減らします。
Ideinの独自技術は、通常数十万かかるデバイスで動かすAIモデルを、軽量化することなく、わずか数千円のデバイスで動かすことを可能にしています。
Ideinが提供するアプリマーケットプレース上でエッジ側で動作させるアプリを購入し、数分でエッジにデプロイすることで利用を開始することが出来ます。
アプリの利用料金は日単位で課金され、一日数十円から気軽にエッジAIアプロケーションがお試しいただけます。
セキュリティ、産業IoT、リテールマーケティング、MaaSなど様々な分野でご利用いただくことが出来ます。

 

料金概要

<初期費用>
0円

<月額費用>
5,000円/(税別) 


関連記事

【DX事例紹介】AIの人物認識技術とは? 具体例を交えて活用事例を解説!

AIによる、顔認識技術や画像認識技術との違いや実際に画像認識技術が実生活の場面でどのように使用されているか、具体例を踏まえて紹介します

【DX事例紹介】顔認証とは? 特徴やアプリなどの活用事例を紹介!

生体認証の中でも汎用的となってきた顔認証技術の特徴や最新のアプリについてご紹介していきます

【DX事例紹介】Wi-Fi導入を適切に行なって、事業インパクトの出た実例を紹介

今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。