DXを推進する商品

Gemini eye

株式会社Pros Cons


金額

1,045,000円

商品説明

Gemini eyeは、自社独自の教師データ無しで利用できる、機械学習アルゴリズムを搭載し、手軽に最新のAI技術が利用できる外観検査AIです。
昨今の人手不足により、多くの工場が検査人員不足の課題を抱えています。外観検査は経験がものを言う世界で長年ITで置換することは難しいとされてきましたが、Gemini eyeを導入することで、貴社工場の優秀なAI検査員として、検品業務の自動化を実現します。
検品業務自動化の導入をする際に、自動化のニーズは強くある一方、これまでの既存のAI手法では、大量の不良品サンプル収集等が必要だったり、不良品の発生頻度はきわめて低く、傷やヘコミ・欠け・焼けなどバリエーションも多く、導入するまでのハードルが非常に高いのが現状です。
これまで必要とされていたAIの専門知識・複雑なルール設定・大量の不良品サンプル収集などが不要になり、現場で直ぐに始めることができます。
「忙しくて準備の手間が取れない」・「費用を抑えてスモールスタートしたい」・「専門知識なしで使いたい」などのご要望をお持ちの企業様にぴったりのサービスです。

 

料金概要

<初期費用>
950,000円/(税別)


<月額費用>
0円


関連記事

【DX事例紹介】事後保全とは? PoCと事後保全で成功する製造業のDX事例を紹介

製造業にとって無くてはならない「メンテナンス」を観点にDX事例をご紹介。メンテナンスは大きく分けると3つありますが、今回はその中で「事後保全」をテーマに解説していきます。

【DX事例紹介】Wi-Fi導入を適切に行なって、事業インパクトの出た実例を紹介

今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。