Facteye

株式会社シーイーシー


金額

880,000円


商品説明

Facteyeは、生産設備の詳細な稼働データを簡単に収集できるシステムです。
CNC・PLC・各種センサー・ロボットなど、工場に導入されている設備機器にマルチベンダーで対応しております。
ログやアラーム、制御信号などの稼働実績情報を自動取得して、データベース化します。
設備の稼働状況のリアルタイムでの監視を実現し、設備毎の加工/停止時間やアラーム発生時の主軸負荷などを分析し、問題の早期発見・復旧が可能になります。
収集した詳細情報はデータベースから任意に組み合わせ、自動的にCSV形式に書き出します。
収集したデータを出力することで、設備停止の要因分析が可能となり、改善立案に貢献します。
また、カスタマイズ機能も有り、標準サポートされている帳票出力以外にも、各企業様の運用状況に併せた活用が可能となっております。
スマートフォン・スマートウォッチとの連携によって各企業様毎の生産性向上に役立ちます。
ひとつの製品が出来上がるまでの加工条件や稼働負荷データを分析することで、効率的な予防保全へと結びつけ、設備稼働のQCD向上を強力にサポートします。

 

料金概要

<初期費用>
800,000円/(税別)

<月額費用>
0円


関連記事

生産ラインの可視化を実現するための考え方や手法、IoTを活用した際のメリットなどを具体的な導入事例も含めたDXの事例をご紹介します

生産ラインを見える化して実現するDX事例


今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。

いくらかかるの?実導入事例をもとにWi-Fi導入パターン別解説