DXを推進する商品

Canvas

IoTBASE


金額

55,000円

商品説明

IoTデータダッシュボードサービスCanvas(キャンバス)は、さまざまなデータをクラウド上で一元管理し、企業の現場業務をサポートするクラウドサービスです。
可視化できるセンサーの種類は、GPS・温湿度・傾斜・CO2濃度・照度・騒音・接点など、様々なセンサーデバイスやIoTカメラと接続できます。
取得したそれらのセンサーデータを組み合わせ、一つのアプリケーションで目的に合わせたデータを組み合わせ、1つのアプリケーションで取得データを見える化します。
また、ITに不慣れな方でも、スマートフォンやタブレットで直感的に操作できるため、クラウドに送信された現場データを、マップ・パネル・リストなど目的に応じた画面で分かりやすく参照できます。
アプリケーションの構築は、システム開発不要で始められる、サブスクリプション型クラウドサービスのため、初期投資を抑え、始めたいことから可視化の仕組みを構築できます。

<活用シーン例>
■人・モノ・車両の所在管理
■感染症対策、建物内の漏水監視
■ノリ面の傾斜監視
■設備の稼働監視
■室内の温湿度監視
など様々なシーンで利用されています。

 

料金概要

<初期費用>
0円

<月額費用>
システム基本利用料:50,000円/社(税別)
デバイス従量利用料:600円 / 台(税別)
オプション 通信回線費:300円〜 / 台(税別)


関連記事

【DX事例紹介】Wi-Fi導入を適切に行なって、事業インパクトの出た実例を紹介

今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。