【DX事例紹介】Wi-Fi導入を適切に行なって、事業インパクトの出た実例を紹介

Resource Cloudでは、これまでも製造業におけるDXについて解説してきました。

過去記事はこちらからご覧ください

  1. 予防保全から見る製造業のDX事例
    https://resource-cloud.jp/article/detail/1
  2. PoCと事後保全で成功する製造業のDX事例
    https://resource-cloud.jp/article/detail/2
  3. 現場課題をIoT×AIで解決する予知保全のDX事例 
    https://resource-cloud.jp/article/detail/4

センサーで情報収集した上で生産状況を可視化したり、蓄積されたデータを元にA Iや機械学習で故障予測したり、製造現場にも多くのDXによる変化が生まれています。それらDX実現に向け、非常に重要となるのが最適なネットワーク環境の構築です。

今回はネットワーク環境の構築について、構築の際に発生する課題や、構築する環境に対しておおよそいくら位かかるのかを具体的に解説したいと思います。

1.Wi-Fi、ネットワーク環境構築の課題を把握しよう

DXで実現したい将来像を描くためにも、構築対象となりうる施設のネットワーク環境の現状把握が必須となります。はじめに、現状把握の際にどのようなことが起こり得るのかを解説します。

 

1-1.現状のネットワークの全体像を誰も知らない?!

特にネットワークを導入してから10年以上たっている施設では、当時の図面などが残っていないケースが多く、どういう構成なのかどういう配線ルートなのか把握できないということがまず初めにぶつかる課題になることが多く、ネットワークの全体像を誰も知らないということがよく起こります。このような状況ではネットワークベンダーやインフラ施工業者とともに現地調査をしながら現場の状況を把握することからのスタートとなります。

1-2.ネットワーク環境がない

設備的にこれまではネットワーク環境を必要としていなかった場合、敷地内にネットワークが敷かれていないことが特に製造業ではよく見受けられます。もしくは、制御線系のネットワークは使っていても、今後設置したいセンサーなどのIoT機材が利用するEthernetベースのIP(Internet Protocol)ネットワークではないこともあります。このようなゼロからのネットワーク環境構築の場合、コスト面で大きな投資になるのですが、ネットワーク用の予算が事前に準備されていることは稀なため、予算に応じて何を実現するためにどのようなネットワークが必要とされるのかを優先順位をつけて描いていく必要が生じます。

1-3.ネットワークはあるけれども不安定

ネットワーク環境があった場合は、LANケーブルで施設内を敷設することで環境構築が行えます。しかし、全体を有線LANで接続するとなると、そのケーブル敷設コストが多大にかかります。参考値としてはルーターなどの機器類込みで総工費の60%程度はケーブル敷設コストとなります。

そこで検討対象として挙げられるのが無線LANです。無線LANであればアクセスポイント毎にケーブルを用意すればよいので配線するケーブルの数は減らすことができます。また、PoE(Power over Ethernet)対応のアクセスポイントであれば電源を新たに用意する必要もありません。

しかし、無線LANの場合はアクセスポイントの設置場所をどこにするのかの検討や、そもそもの問題として施設内で無線LANが繋がらない、もしくは不安定なことがあります。

既設のネットワークとの干渉や、製造業の場合は製鉄所のような大型機械がある工場では、放出される輻射ノイズ、そして、建物の構造や階数、各機械の配置によっても工場内の無線LANが安定せず、正しくデータを取得できないことがあります。

 

1-4.昔のネットワークでは対応しきれないデータ量

 

工場にあるネットワークは制御系であることが多かった経緯もあり、帯域が狭くインターネットにつながっていないことも多く、クラウド上でデータを収集・蓄積したい場合などではそのままでは使えないこともあります。

また、機器にセンサーを付け秒単位であらゆる大量データをログギングすることで現場状況の可視化を行うような場合、当時の機器では処理能力に限界があり使い物にならないこともあります。

 

2.ネットワーク構築について押さえるべき ポイント

 

ネットワークに関する現在の状況をある程度把握した次には、ベンダーに見積もりを依頼することになるかと思いますが、見積もりの内容を正しく判断するためにも気をつけるべきポイントを解説します。

 

2-1.ネットワークの構築手法は最適なものか

ネットワークと一言で言っても、先ほど説明した有線LANや無線LANの選択だけではなく、セルラーネットワークで外部と工場を繋ぐLAN+WAN統合型の環境を作るためにLTEやローカル5Gといった選択肢も今後増えてくると思われます。

とはいえ、初期の構築段階から5Gでのネットワーク構築を行うよりもLANを採用する企業の方が圧倒的に多いと思います。EthernetベースのIPネットワーク領域には様々な情報技術や規格が存在しており、制御系ネットワークに関してはメーカー固有のプロトコル中心のネットワーク構成にせざるを得ないという制約も発生します。

また、ネットワーク自体の検証に加え、必要となる配線は可能なのか、そして電源は確保できるのかの確認も重要です。

 

2-2.IoT/センサーネットワークの活用の検討

工場の設備や稼働状況の可視化の際にPLCからデータを収集できますが、IoTネットワークでの構築による手段も考えられます。

例えば、iSmart Technologiesが提供している『iXacs』はサブギガ帯の無線技術を採用し、ノイズに強いネットワーク構成を構築することができます。

また、Ranger Systems社のゲートウェイであるBLE(Bluetooth Low Energy)とBLEビーコンデバイスを用いたネットワーク構築は、BLEビーコン端末は微弱電波を発信するだけのデバイスのため小型化できる上に比較的安価に入手できるのが特徴です。

 

2-3.セキュリティ設計

ネットワーク構築のために抑えるべき最後のポイントは、セキュリティです。

対象となる自社のエリアをネットワークに接続するということは、外部からの侵入や攻撃に備えるべきです。しかし、設置された機器やネットワークは、パソコン並みに対策が練られているかというと考慮されていないことが多いというのが現状です。

特にIoTにおけるセキュリティは、クラウドサービスと接続する通信、クラウドとデバイスを接続する通信、デバイス間通信、末端機器との通信と多岐にわたります。

ネットワークの検討と合わせてセキュリティの設計も行うことが非常に重要です。

 

3.ネットワーク構築には結局いくらかかるの?

前章まででネットワーク構築関して検討すべきポイントを説明しましたが、構築に関する現実と将来像を描けたものの、「いくらかかるのか?」という疑問が生じてくるかと思います。

以降に実導入事例をもとにWi-Fi導入パターンとしての価格感を3つご紹介します。

 

3-1.パターンA 製造業向け工程管理システム導入およびコミュニケーション活性化を目的とした例
 

対象:製造業工場
目的:工場内でのタブレットを活用した工程管理システムの導入および工場内の社員間のコミュニケーションツールの活用・オンラインMTG環境の構築
導入までの期間:初回調査から三か月
既設ネットワークの状況:なし(新規設置)
対象エリア:3700㎡ 
構築した内容

  • Wi-Fiアクセスポイント15台
  • LAN配線約1800m
  • 60GHZ帯による無線中継1区間(離れた工場との通信)
  • Radius認証によるセキュリティ対策

現地調査費用及び設置施工費込み 総額約 ¥700万

3-2.パターンB リゾート施設向けネットワーク環境構築

対象:リゾート施設
目的:山間にあるリゾート施設のため携帯電話も電波環境が弱く、来園者から度々クレームとなっており、また光ファイバーの敷設も敷地が広いため費用面の観点から導入が困難であったが、無線の中継をうまく利用することで高額な敷設費用など抑えることが可能なため導入を実施
導入までの期間:計画開始から5か月
既設ネットワークの状況:なし(新規設置)
対象エリア:66万㎡(東京ドーム20個分)
構築した内容

  • 60GHz無線中継5カ所
  • Wi-Fiアクセスポイント10カ所

現地調査費用及び設置施工費込み 総額約 ¥650万

 

3-3.パターンC オフィス内Wi-Fi環境構築

対象:オフィスビル
目的:支店開設のためビル一棟へWi-Fi環境構築
対象エリア:6フロア+屋上(70㎡/フロア)
構築内容

  • Wi-Fiアクセスポイント:7台
  • LAN配線:500m
  • ゲスト用メール認証方式

現地調査費用及び設置施工費込み 総額約 ¥300万

4. ネットワーク構築は環境による影響も加味して実施しよう

いかがでしたでしょうか。前述の通りネットワーク構築にはさまざまな要因により、構築するネットワーク環境の内容が異なります。

また、単に繋がれば良いだけではなく、セキュリティ視点での検証は重要です。トヨタ自動車にてサイバー攻撃によるシステム障害で生産ラインが停止したニュース(2022年3月)のように、ネットワーク環境の脆弱性により企業姿勢が問われることさえ起こり得ます。そのため、将来にわたって安全に利用し続けられるよう事前の対策が重要です。

株式会社INDUSTRIAL-Xでは、これまでネットワークインフラ構築の導入を数多く支援してきました。ツールや機材を提供するベンダー側ではなく将来像を見越したサービスやご提案を提供しております。

ネットワーク構築に関して困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

関連商品

OMNIedge

THK株式会社

OMNIedgeは、機械要素部品にセンサを付けセンシングすることで、現在の状態を数値で見える化するシステムです。 「THK SENSING SYSTEM」を搭載しており、独自のアルゴリズムとバックデータにより、部品の状態診断や予兆検知を可能にします。

iXacs

株式会社i Smart technologies

iXacsは、工場の生産性向上を目指しiSTCが開発したIoT技術を用いた製造ラインモニタリングサービスです。 製造現場の変化点を「必要な時に・素早く・的確に」発見し、日々の生産性向上活動へ貢献します。

DX向けIoTアダプタ Cactusphere(カクタスフィア)

株式会社Atmark Techno

アットマークテクノのCactusphereは、既存の設備・機器を簡単かつセキュアにMicrosoft AzureへつなぐことができるIoTアダプタです。 既存設備の構成を変更することなく、収集した情報の可視化や機器の監視に役立てることができます。

製造ライン監視IoTキット

株式会社インフォコーパス

インフォコーパスのSensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく、小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。

Actcast

Idein株式会社

Actcastは、エッジデバイス上で画像解析AIなどを実行して情報を取得し、Webと 連携するIoTシステムのためのプラットフォームサービスです。 エッジ側で解析を行い不要な情報を送信しないことにより、運用コストを大幅に削減することができます。

Safie

セーフィー株式会社

Safieは、カメラの購入価格と月額のクラウド使用料のみという明確な料金プランでシェアNo.1のクラウド型録画カメラです。 安価ながらも、HD画質・100万画素・30fpsの高画質な録画機能と、スマホからも閲覧できる手軽な使用感も高評価です。

Gemini eye

株式会社Pros Cons

Gemini eyeは、自社独自の教師データ無しで利用できる機械学習アルゴリズムを搭載し、最新のAI技術が利用できる外観検査AIです。 これまで必要とされていたAIの専門知識・複雑なルール設定・大量の不良品サンプル収集などが不要になります。

ピープルカウンターⓇ

株式会社構造計画研究所

人数カウントシステム「ピープルカウンター®」は、人の通過・滞留・混雑状況を高精度で計測できます。 3Dセンサー「VC-3D」による、来店客数の人数カウントと、集計システム「Shop View Chart」による様々なデータを統合管理できるサービス。

社員TouchPay

株式会社アジルコア

社員TouchPayは、社員証等のICカードで社員食堂の生産ができる、給与天引きに特化したシステムです。 ICカードリーダーは、すぐに利用できるため、設備工事が不要、導入時の費用・時間といったコストを大幅に削減することができます。

Facteye

株式会社シーイーシー

Facteyeは、生産設備の詳細な稼働データを簡単に収集できるシステムです。 CNC・PLC・各種センサー・ロボットなど設備機器にマルチベンダーで対応。 ログやアラーム、制御信号などの稼働実績情報を自動取得して、データベース化します。

スマレジ

株式会社スマレジ

スマレジは、iPad/iPhoneアプリを用いた高性能クラウドPOSレジです。 スマレジではタブレット1台に加え、キャッシュドロアとレシートプリンターさえあれば導入でき、これまでの導入費用を大幅に削減することができます。

iField

マルティスープ

iField Trackingとは、スマホアプリ、GPSトラッカーやビーコンを使って、人や車両が屋外・屋内のドコにいるかマップ上で把握できる動態管理システムです。 ・屋外屋内状況の見える化・施設の情報を確認・現場の定量化などに活用することができます。

Canvas

IoTBASE

IoTデータダッシュボードサービスCanvasは、様々なデータをクラウド上で一元管理し、企業の現場業務をサポートするサービスです。 システム開発不要で始められるサブスクリプション型クラウドサービスのため、初期投資を抑え可視化の仕組みを構築できます。

通信インフラ施工

株式会社ウィルド

無線基地局の置局設計から、無線エリア調査・電気通信設備全般に関する施工ノウハウを活 かし、DX推進に必要なインフラ整備などを行います。 4G/5G基地局の設定・施工、広域Wi-Fiの施工・電波調査、屋内屋外カメラの施工など幅広い分野での対応が可能です。

バイバイタイムカード

株式会社ネオレックス

バイバイタイムカードは、シェアNo.1の勤怠管理システムです。 タイムカードの代わりに、QRコードやICカード・指静脈などを「ピッ」と読み取るだけで、出勤・退勤時刻が記録され、給与計算に必要な集計を自動で行えます。

RemoteLOCK

株式会社構造計画研究所

Remote LOCKは、全世界で7万台の導入実績があるテンキー型のスマートロックです。 完全キーレスのエントリーにより、カードキーや物理錠の受け渡しも不要となり、受付から入室確認まで現場対応の無人化を実現します。

wiffy

アマランス合同会社

wiffyは国が定めるガイドラインに準拠した確かな技術で、大手通信会社や自治体に数多く採用されている公衆Wi-Fiサービスです。 喫茶店やホテル、レジャー施設などの公共用Wi-Fiのために、一台から設置できるWi-Fiサービスです。

遮断センサー(model:iBS02IR2)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズの遮断センサー(model:iBS02IR2)は、高感度アクティブ赤外線近接センサー内臓型のセンサーであり、人やモノによる遮断の検知が可能です。

プローブ温度センサー(model:iBS03TP)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのプローブ温度センサー(model:iBS03TP)は、ケーブル付き防水防塵・温度センサー、線径2mmのプローブタイプの温度センサーです。

BLEセンサー(iBS04シリーズ)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLEビーコン タグ(model:iBS04・iBS04i)は、小型で低消費電力・長寿命という特性を利用して、人やモノの管理が可能なBLEビーコンタグです。

マットセンサー(model:iBS02M2)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのマットセンサー(model:iBS02M2)は、モノの重さを検知する事が可能となり(重さの測定はできません)、床に並べることで人の滞在時間や混雑状況などを可視化することが可能なセンサーです。

人感センサー(model:iBS02PIR2)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズの人感センサー(model:iBS02PIR2)は、時間センサーが内蔵されているので、空間の人の動きを検知することが可能となり、在室確認などに利用することが可能となります。 ※焦電型赤外線人感センサー内蔵

LTE Cat.M1 model:iGS03E

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLE/Ethernetゲートウェイ(model:iGS03E)は、BLEのデータを受信してEthernet通信を介して任意のサーバーにデータを送信できるゲートウェイです。

BLE/LTE Cat.M1ゲートウェイ(LTE Cat.M1 model:iGS03M)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLE/LTE Cat.M1ゲートウェイ(LTE Cat.M1 model:iGS03M)は、BLEのデータを受信してLTE(CatM1)通信を介して任意のサーバーにデータを送信できるゲートウェイです。

BLE/Wi-Fi model:iGS03W

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLE/Wi-Fiゲートウェイ(Wi-Fi model:iGS03W)は、BLEのデータを受信してWi-Fiクライアントとして、任意のサーバーにデータを送信できるゲートウェイです。

TULIP

株式会社 T Project TULIP

TULIPは、現場のあらゆる課題をデジタル化により解決する、全く新しいクラウド型製造プラットフォームです。 各種センサーや計測機器と連携することで、手書き・手入力によるミスを防ぎ、複数の機器からの取得データを一括管理することができます。

EG-Keeper

株式会社WDS

EG-Keeperは、発熱スクリーニング用サーモグラフィ端末であり、マスク着用での顔認証と体表面温度検知がエッジで処理可能な顔認証パネルです。 EG-Keeperであれば、0.3秒という超高速検温をすることができ、スムーズに検温が可能になります。

TRASCOPE-AI

丸紅ネットワークソリューションズ株式会社

TRASCOPEは、 無線×クラウドを活用した次世代型映像監視サービスです。 カメラ内部に保存された映像データから、必要なデータのみを内蔵の無線(3G/LTE)経由でクラウドサーバーに送信し、クラウド上のデータを遠隔で視聴できるサービスです。

AdaInspector Cloud

株式会社アダコテック

AdaInspector Cloudは、検査・検品の自動化システムの構築・実装を一気通貫で提供するサービスです。 ノーコードによって、AIや画像解析領域のエンジニアリングを専門としていない人でも、検査・検品の自動化に機械学習を活用することができます。

Gemini eye 3D sense

株式会社Pros Cons

Gemini eyeは、自社独自の教師データ無しで利用できる機械学習アルゴリズムを搭載し、最新のAI技術が利用できる外観検査AIです。 これまで必要とされていたAIの専門知識・複雑なルール設定・大量の不良品サンプル収集などが不要になります。

SmartLogger

株式会社シーイーシー

SmartLoggerは、スマートデバイスを使用し、人の作業の見える化・分析をすることで、製造ラインや物流現場の生産性向上を支援する作業計測・分析システムです。 計測方法は、スマートウォッチやスマートフォンをビーコンにかざす作業を選択するだけです。

カギカン

Qrio株式会社

カギカンはスマートロックを活用した入退室管理システムです。スマホ、ICカード、PINコードでカギの操作が可能で、オフィスや教育施設、レンタルスペース、民泊まで幅広くご導入いただいております。

FreeiD

DXYZ株式会社

FreeiDは鍵や財布・スマホを持つことなく、手ぶらでリアルな世界でのあらゆる行動(「入退」「認証」「決済」)を繋ぐ顔認証プラットフォームです。1度の顔登録で様々な顔認証サービスを利用することができます。

ConMas i-Reporter

株式会社シムトップス

ConMas i-Reporterは、製造業、保守・点検のフィールドサービス業、建設・ 建築をはじめとする幅広い業種、業態で採用いただいている「現場帳票」ペーパーレス化ソリューションです。

設備保全システム「MENTENA(メンテナ)」

八千代エンジニヤリング株式会社

設備保全システム「MENTENA(メンテナ)」は、脱エクセル・脱ペーパーを実現し、現場の働き方改革を促進するクラウドサービスです。紙やExcelの煩雑な資料管理からの開放、現場の負荷軽減・コスト削減を実現します。

ToF距離センサー(model:iBS03R)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのToF距離センサー(model:iBS03R)は、光が反射されて跳ね返ってくる時間を測り、距離を測定することができるセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 マグネットセンサー(model:iBS05H)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのマグネットセンサー(model:iBS05H)は、磁力を検知できる機能を活用することで、扉の開閉などをリアルタイムに検知(ON/OFF)可能なセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 温度センサー(iBS05T)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLEビーコン 防水防塵 温度センサー(iBS05T)は、温度をリアルタイムで計測可能なセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 加速度センサー(iBS05G)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLEビーコン防水防塵加速度センサー(model:iBS05G)は、モノが動いたこと(ON/OFF)による検知が可能なセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 マグネットセンサー(マグネット付属)(iBS03H)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのマグネットセンサー(model:iBS03H)は、磁力を検知できるセンサーを内蔵しており、マグネットを利用することで 扉の開閉などのリアルタイム検知が可能なセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 温湿度センサー(iBS03T)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLEビーコン 防水防塵 温湿度センサー(iBS03T)は、温度をリアルタイムで計測可能なセンサーです。

BLEビーコン 防水防塵 加速度センサー(G) (iBS03G)

レンジャーシステムズ株式会社

レンジャーシステムズのBLEビーコン防水防塵加速度センサー(model:iBS03G)は、モノが動いたこと(ON/OFF)による検知が可能なセンサーです。